患者さんにとって「痛みが消える」ことが正義です

はりきゅう宏樹では、現代と古典の二つの視点から「効く鍼治療」を常に追い求めます。

そして治療効果だけではなく、髪の毛より細い日本の鍼=和鍼を用いて、心と体に優しい和みの鍼も心がけています。

当院のシンボルマーク「富士山」は高級和鍼へのこだわりと患者さんの健康を願って使用しました。

腰痛治療にこだわります

厚生労働省によると、腰痛もちは全国で2800万人と推定しています。これは国民4.5人に1人が腰痛もちになり、腰痛は国民病と言っても過言ではありません。そしてなによりも施術者・宏樹本人が腰痛にとても苦労してきました。

腰痛の辛さがわかるからこそ腰痛に悩む人を一人でも救いたい。その一心です。

安心な資格と安全な日本製鍼です

はり師、きゅう師、いずれも厚生労働大臣認定の安心な国家資格による治療です。

そして使用する鍼は、全て日本製かつ最高級の和鍼です。

滅菌済の使い捨てディズポーザブル鍼ですので衛生的にも安全です。

腰痛のほか、その他症状もご相談承ります。

慢性腰痛のほか、膝や首肩、その他の症状に関してもご相談承ります。

また、宏樹考案「こしらく体操」をスポーツクラブで指導しています。

こちらも指導依頼、随時承ります。


9月1日北海道鍼灸専門学校にて無料講演会を行います。

お知らせ